ゴードン三郎、30代からサッカー始めるってよ

サッカーへの挑戦記やスポーツ、ラジオ時々日記。

将来の看護師としての働き方を考えた

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

相変わらず集まってのサッカーはできませんが、とりあえず日々ランニングだけはして、脚は作っています。

 

ところで、小生宅は夫婦で看護師として働いているわけですが、、、

今回のコロナ騒動で、幸か不幸か看護師という職業に注目が集まっています。

 

少子高齢社会がますます進んでいくなか、おそらく看護師の不足はますます深刻になると言われています。

 

まあ、看護師だけではなくいわゆる生産人口は減少をしていきますので、政府は副業をますます奨励していくでしょう。

 

基本的に病院勤めの看護師は、副業を認められていないことが多いと思います。

しかし、今後看護師も例外なく、看護師不足を補うため、副業が奨励されていくのではないかと個人的には思います。

 

例えば、訪問入浴や老健施設の単発での日直や当直の仕事など、副業として行える看護師の仕事は実は多いのです。

それ以外にも、看護師の卒後教育や看護師向けの書籍の執筆、看護学という学問の研究従事など、看護師の仕事は臨床以外にも多岐にわたります。

看護師という職業の知名度はあっても、看護師が実際にどういう仕事をしているのかは実は世間にあまり知られていないように思います。

 

病院で看護業務に従事する臨床の看護師は、看護師の仕事として最もポピュラーだと思いますが、患者さんと対峙しながら昼夜関係なく働くのは、体力と精神力を使います。

 

小生は看護師17年目となりますが、果たして臨床の看護師として、今までと同じような働き方をあと何年できるのだろうか?体を壊さずに働き続けることができるのだろうか?と年々不安が強くなっていきます。

 

看護師として、将来どのように働いていくべきか?最近考えていますが、自分自身の進むべき道はまだ見出せていません。

今回のコロナ騒動は一つの大きな岐路となるでしょう。

自分自身の道を、じっくり考えていきたいと思います。

 

 

 

ドラえもんの豪華コミックスが欲しい

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

さて、おうちにいる時間が多いと、当然パソコンに向かい、色々な情報を得る機会も増えてきます。

 

先日はひょんなことからレイバンのサングラスが欲しくなった記事を書きましたが、今回はタイトル通りのドラえもん

 

小生はドラえもんのファンでして、原作もアニメも映画も好きです。

アニメに関しては「ドラえもんのアニメはやっぱり大山のぶ代じゃないと、、、」と訝しむ人も多いですが、小生はわさびさんのドラえもんも好きです。

多少現代の社会に近づけてはあるけれども、原作に忠実なのはわさび版の方だと思っています。例えば「おかめ仮面」や「おしし仮面」の漫画が本棚にあったり、「バイバイン」の栗饅頭が宇宙のシーンに出てきたり。

きっときちんとドラえもんを好きな人が制作に携わっているのだろうと思います。

 

ドラえもんはめでたく50周年を迎えるようで、様々な記念グッズや企画があったりするようです。

そういえばオフィシャルショップの「ドラえもん未来デパート」がお台場に開店したりもしています。

 

そんななか、原作のてんとう虫コミックスの愛蔵版が限定生産されるとのニュースが。

www.shogakukan.co.jp

 

100年の保存ができるように印刷や装丁などにもとことんこだわった豪華版。

まさに家宝にもなるような素敵なドラえもんのコミックス。

 

購入特典も豪華!

ドラえもんのび太のフィギュアがついてきたり、「どこでもドア」をモチーフにした豪華なコミック専用本棚の購入権利が与えられたりします。

そして極めつけは、大型の「タイムふろしき」にくるんで配送してくれるとのこと。

 

ファンとしては思わず「欲しい!!」となってしまったのです。

 

まあ、当然気になるのはそのお値段。

お値段は70000円(税別)。

 

興味ない人からするととても漫画に出せるお値段ではないですが、ファンとしては出しても惜しくない値段だと感じてしまいました。

 

ただもちろん気軽にポーンと出せる値段ではありません。

 

限定生産で予約者しか購入はできないようで、増産も予定はない模様。

つまり、この機会を逃すと購入はできないということになります。

予約締切は8/31。

まだ時間はあるので、慌てずじっくり考えてから結論を出そうと思います。

 

 

サングラスが欲しい

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

我が家では、子供たちがダラダラYouTubeを見るくらいであれば、ちょっと英語にでも触れた方が良いだろうと考え、吹替ではなく字幕の映画をみせるようにしてみました。

 

Amazonプライムで無料の映画を探して見せています。

 

先日鑑賞したのは「トップガン

あまりにも有名な戦闘機パイロットの青春を描いた名作。

 

映画の内容もさることながら、誰もが耳にしたことのある音楽や、主演のトム・クルーズが着用するジャケットや跨るバイクなどのアイテムにも注目されるこの作品。

小生が「おっ」と思ったのはサングラス。

 

映画でトム・クルーズ扮するマーヴェリックが着用しているのは、これまた有名なレイバンのアビエーターというサングラス。

 

まあ、定番中の定番ですが、改めて映画を通してみるとかっこいい。

 

japan.ray-ban.com

 

小生もレイバンのサングラスは1本持っています。

高校の時に購入したもの。アビエーターではありません。

 

さすがレイバンだけあって、20年以上使っていますがレンズに傷一つ付きません。

 

レイバンのサイトを覗いてみると、今ではレンズの色やフレームの色などを選んだり、ネームを刻印したりするセミオーダーができるみたい。

 

これから日差しが強くなる季節だし、思い切り趣味に走ったサングラスを1本買ってもいいかなーと最近考えています。

 

 

新しいボールは静かにその時を待つ

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

小生は4月から部署異動となり、新しい部署で働いています。

(ただ、実際はCOVID-19の影響で他部署の補充要員として働いています)

異動に際し、旧部署の同僚がプレゼントをくれました。

 

これがプレゼント

f:id:sabu-gordon:20200516155408j:plain

アディダス社TSUBASA

フットサルボール2個です。

それも、2020シーズン公式球、アディダスの「TSUBASA」

 

フットサルをやる時には当然ボールが多い方が練習のバリエーションも広がります。

ですのでこのプレゼントはとてもうれしい!

 

ところが、現在はCOVID-19の影響により、職場からも人を集めたり集まることの自粛を求められています。

要請に従い小生主催のフットサルも休業が続いています。

 

新しいボールもそうですが、スポーツをするときシューズやウエア等、新しい道具を初めて使う時にはワクワクします。

 

早くこのボールを使って楽しくプレーをしたいものです。

ピカピカのボールは、今、静かにその時を待っています。

 

FC東京2020シーズンチケット返金するってよ

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

2020シーズンのJリーグはまだ再開のめどが立たず、また、再開してもどのように観客を入れるのか?または入れないのか?観戦スタイルはどうしていくのか?

全くわからない状況です。

小生も再開後の観戦はどのようにしていこうかをぼんやり考えていました。

①ゴール裏を避け比較的人の少ないバックスタンドで観戦??

②いっそ今シーズンの観戦はあきらめる??

まあ、この2つを考えていたのですが、いくらバックスタンド側とはいっても、万単位の人が集まるところはどう考えてもクラスター形成のリスクが高い。

命あってこそスポーツ観戦もできるわけで、今シーズンは観戦をあきらめた方が得策ではないかと思っていました。

 

そんな時にFC東京より「2020シーズンチケット返金のお知らせ」が飛び込んできた。

小生はホームゲームはできるだけ観戦に足を運びます。なので、お得なシーズンチケットを購入しています。シーズンチケット購入者は「SOCIO(ソシオ)」と呼ばれ、様々な特典を受けることができます。

 

FC東京からはリーグ戦再開のめどが立たず、再開したとしてもSOCIOとしてのサービスを提供できるかが不透明。ゆえにチケット代金を返金する旨が記載されていました。

 

ただ、シーズンチケットの収益はクラブの重要な資金であり、苦渋の決断であること。クラブへの寄付の問い合わせも多く、そのため、返金辞退の申請も受け付ける。その場合はクラブへの寄付として扱う旨も併せて記載されていました。

 

確かに、観客を入れてリーグ戦を再開したとしても、観客を制限し、間隔を開けて開催するかもしれないし、その場合だとSOCIOであったとしても観戦できない人があらわれたり、SOCIO以外の観客が入れなくなったりすることも考えられます。

そうなれば、新規サポーターの獲得も難しくなるだろうし、長期的に見ればクラブの衰退につながる可能性もあります。

幸いダゾーンからのスポンサーマネーは支払われるようだし、ここは痛みを伴うけれども、サポーターの損失が最小限になるように配慮してくれたクラブの英断ではなかろうかと思います。

 

巷では徐々にいつもの日常に戻る準備を進めているところもあるようですが、まだサッカーのある日常へは課題も多いです。

 

ここは、命を守ることを最大のアウトカムとし、焦らず慎重な判断をしていくべきと感じます。

スマホの料金を安く抑えたい

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

巣ごもり期間の間、家計の支出について色々考えました。

あまり使わないクレジットカードなんかも、整理し、解約したりしました。

 

毎月の支出のうち、手っ取り早く支出を抑えられそうなのは携帯電話。

 

いわゆるキャリアメールを継続して使いたいがために、ダラダラと契約を続けてきたけれど、今ではLINEなどのアプリでメッセージをやり取りするのでほとんど使わなくなりました。

同じキャリアで長期間使い続けていても、あまり特典もありませんしね。

 

なので、SIMロックを解除し、格安スマホのSIMカードに交換しようとしたけれど、ここで問題が。

 

小生は今のスマホ端末を分割払いで購入したのだけれど、その残債があった。

そんなに大きな金額ではなかったので、残債を一括清算しようとしたのだけれど、この一括清算はショップに直接出向かないと無理なのだそう。

 

しかも自粛期間中だけど携帯屋さんはまあまあ混んでいるみたい。

 

あまり混んでいるなかお店にはいきたくないなあ、、、と感じ、結局まだそのままスマホを使っている。

 

 

 

また大きな波は来るだろう

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

ゴールデンでないゴールデンウィークが終わりました。

昨年のゴールデンウィークはボールを蹴ったりしてましたが、今年はできず。

 

大方の予想通り緊急事態宣言は延長。

 

しかしながら、街は徐々に巣ごもり終了モードになりつつあるように感じます。

 

確かに見た目の感染者数は減っているように見えます。

勤め先のコロナ感染の患者さんの人数も減っているように見えます。

 

ストレスや様々な事情が各々あることは百も二百も承知ですが、今手綱を緩めるの危険だと感じます。

 

現状のような巣ごもり終了モードになれば、今月末から来月にかけて再び大きな波は訪れるでしょう。

そしてこのウイルスは季節性のものではないので、季節の変わり目など人の抵抗力の落ち込むタイミングでその都度、波を起こす様な気がします。

 

小生自身の経験や様々な施設からの報告に目を通すと、やはり重症化してしまった時の悪化のスピードがめちゃくちゃ速い。

8割軽症なんて言ってますが、重症化する人は一定数必ずいますし、治療法に関しても確立されておらず、手探りな状況です。

 

つまり、「かかってはいけない」「かかると危険」なウィルスであることは間違いないと小生は思っています。

ましてや病院には立ち向かうための武器が現状必要十分にそろっていません。

 

そんな状況で再び波が来てしまったら、果たしてどんな状況になるのか。

想像したくありません。

 

悪い方向に向かわないためにも、今一度、将来のために、今の過ごし方を考えなくてはいけないのではないかと感じます。