ゴードン三郎、30代からサッカー始めるってよ

サッカーへの挑戦記やスポーツ、ラジオ、地域の消防団活動について綴ります。

FC東京観戦記2021-21 VS柏戦

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

長い長いアウェイの期間を終え、FC東京が味スタに帰還。

 

この間にはオリンピックがあったり、ワールドカップの予選があったり、朝晩は大分涼しくなったり、時間はしっかりと流れていたわけで、FC東京の順位は安定の中盤に甘んじています。

 

そして、武藤選手・大迫選手は神戸に加入。乾選手はC大阪に加入し、巷をにぎわせているなか、FC東京には長友選手が完全移籍で加入。

 

中村帆選手・内田選手がケガで離脱し、SBは小川選手・中村拓選手・バングーナガンデ選手ら若手を起用し踏ん張っていました。が、手薄感はぬぐえず。そこに百戦錬磨のベテラン長友選手が加入し、チームにどんな影響を及ぼすか楽しみです。

 

試合の方は1点が奪えず0-1で負け。

 

スタンドで見守る長友選手の前で勝利を飾ることはかなわず。

 

チャンスはあったのですが、ゴールは奪いきれなかったですね。

柏の前線へのロングボールを守備陣が処理しきれず、GK波多野選手が果敢に飛び出るもかわされて失点。

後半に田川選手が投入され、チャンスはあったのですが決めきれず。

田川選手はもう少し結果にこだわってほしいな。

 

せっかく出番をもらっているのに活かしきれていない。

オリンピックもこの辺りが原因で選考漏れしていると思うのだが、、、、。

 

試合後には長友選手の加入セレモニーが開かれました。

 

スピーチではタイトルをとる!そのためには厳しくいく!と宣言してくれました。

 

タイトルを狙うチームにはやっぱりピリッとした空気は必要だと思います。

長友選手加入の効果が良い方向に出てくれることを期待したいですね。

 

FC東京観戦記2021-21 ルヴァンカップ コンサドーレ戦

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

パラリンピックが終わり、ワールドカップの予選がボチボチ始まっていたり、Jリーグルヴァンカップもボチボチやっています。

 

FC東京のノックアウトステージの初戦はコンサドーレ札幌

名伯楽のミシャ監督率いる、カップ戦ではなかなか強さを発揮する手ごわい相手。

 

FC東京も連覇・タイトル奪取という意味では落とせません。

 

ホーム&アウェイ方式のこの試合、アウェイで早速FC東京は1-2で取りこぼす。

まあ、簡単ではないのはわかっていましたが、苦しいなあというのが正直な気持ち。

 

そして湘南にお借りしたレモンガススタジアムでのホームの戦い。

勝ち上がりの条件として、札幌は同点でOKなのに対し、FC東京は少なくても2点入れて勝たないといけないという状況。

 

先制は東京。レアンドロ選手のフリーキックが直接決まる。

これでだいぶ楽になった。

 

ところが札幌も必死。

特に後半は押し込まれる場面もあったけれど、キャプテンの東選手が狙いすましたように芸術的なゴールを決める。

小川選手に2枚目のイエローで退場処分となり、後半の後半に札幌の猛攻を受けるけれども何とかしのぎ、トータル3-2で東京が勝ちあがりを決めました。

 

まさにチームのプライドがぶつかり合った見ごたえのある試合でした。

 

いまいち決定機を決めきれなかったり、特に初戦での森重選手不在時のガタガタのDFラインだったり課題はあるけれども、まあそこは置いといて、準決勝にコマを進められたことにまずは安堵。

 

代表戦もみましたが、初戦を落としたのはまずいなと思います。ただ、オマーンは強かったと思います。

DF陣は本当に鬼気迫るものがあったと思います。簡単に勝たせない・ゴールを割らせないという気持ちが、日本代表を上回ったのかなと思います。

ワールドカップに行くのはやはり簡単ではないと感じさせてくれる一戦でした。

 

そういえば、ワールドカップ予選のアウェイ戦はダゾーン独占ですか。

ま、、民放の騒がしい実況や解説から解放されるのはありがたいですが、課金しないと見れないわけで、子供たちや若い層のサッカーファンのすそ野が狭くならないかは気がかりですね。

 

パソコンの納期が遅くて困った

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

小生はデスクトップパソコンをメインにして、外出するときにはipadを持ち出しています。

仕事先ではコロナ禍にあり、会議もオンラインというのも珍しくはなくなりました。

ipadのいいとこはなんといってもその持ち運びのしやすさ。

キーボードを繋げば文書を書くのもさほどストレスなくできるし、オンラインの会議にも十分対応できます。

 

ただ、パワーポイントでスライド資料をつくったり、プロジェクターにつないで共有したりというのが弱点だと感じます。

インターフェイスが限られてますからね。ipadプロとかだとこの辺の弱点も克服できるのかもしれないですが。

ありがたいことに、勉強会の資料を作ったり共有したりすることも多々あるので、不便を感じるが増えてきました。

 

そこで、その点を補えるような外でも気軽に使えるモバイルパソコンが欲しいなーと思い、hpの13.3型のパソコンがスペックのわりにお手頃でしたので、ネットで注文しました。

あらかじめ、納期が2か月程度かかるとのことだったのですが、まあそれくらいであれば許容範囲かなと感じ、納品される日を待っていたのでした。それが5月の初旬。

 

ところが、なかなか納期は確定せず、最初は7月初旬納品予定だったのが8月、9月とどんどん延び、今現在の予定納期は10月下旬とのこと。

 

世界的に半導体不足だったりして、メーカーの言い分はわかるのですが、さすがに半年近く待つことはできないと判断し、注文をキャンセルしました。

 

せっかくなので、ちょっとお値段は高めではあるのですが、モバイルパソコンには定評のある富士通のネットショップで軽量モデルのパソコンを注文しました。

複数のクーポンが使えたり、セール中だったこともあって、定価からは大分お安く購入することができました。

納期も10日ほどだって。

hpが半年以上も納期にかかるのはいったいなぜなのでしょうか??もちろん即納モデルもあるようですが。

fmv.fccl.fujitsu.com

 

ベッドサイドでのお仕事にはもちろん病院の電子カルテ用のパソコンを使うのですが、意外に看護師はそれ以外でも勉強会の資料作り、仕事関係のメールの確認作成、病棟運営の書類づくり、先述のようにオンラインでの会議など、カルテ以外にパソコンを使用することは多いです。

もちろんそれらの仕事用の共用パソコンはあるのですが、複数の人が使用しているのでいつの間にか動作が緩慢になったり、パソコンを使うのに順番待ちが生じたり、ストレスが生じることが多々あります。

 

であれば、自分用にパソコンを買うことでそれらのストレスから解放され、能率が上がるのであれば、必要な経費かなと考えます。

 

sabu-gordon.hatenablog.com

FC東京観戦記2021-20 VSベガルタ仙台

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

残暑厳しい日が続きます。気温の高さというより、湿度が高くてしんどいですね。

おかげで我が家のエアコンは連日唸りっぱなしです。

 

FC東京は先日ベガルタ仙台と対戦。

ベガルタも勝ちにつながらない厳しいシーズンを過ごしています。

 

まあとはいえ、今シーズンのFC東京に格下は存在しません。

 

厳しいアウェイ連戦が続く中、今回のベガルタ戦では主力は温存し、控え組を中心にスタメンが組まれていました。渡邊凌麿選手や鈴木準弥選手といったフレッシュな顔も並びました。

 

結果は2-1で勝利。

終了間際にPKを獲得し何とか勝ち越せました。

 

先制はFC東京でしたが、すぐに追いつかれアウェイの雰囲気も相まって嫌なムードに。

そのまま膠着状態が続き、相手GKスゥオビイク選手の好セーブ連発もあって、このままドローかな??という雰囲気が漂い始めたときにPKを獲得。ディエゴ選手が冷静に決めて勝ちをもぎ取りました。

 

後半途中、森重選手やアダイウトン選手、ディエゴ選手といった主力をどんどん投入。

明らかに攻撃のリズムも守備のリズムも変わったような気がします。

結果PKの獲得につながったのかなーと。

 

この勝利でチームの雰囲気も登り調子になってくれればいいのですが。

 

次節はアウェイでのヴィッセル神戸戦。

FC東京武藤選手や代表FW大迫選手の電撃加入で古橋選手の補強を図っています。

 

武藤選手は日本に帰るならFC東京と言っていたのになー。

神戸の方が様々な面で魅力的だったか、、、。

 

海外でどれだけ成長してきたか、じっくり見させてもらおうと思います。

 

 

久しぶりのリーグ戦に参戦

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

先日は久しぶりに社会人サッカーのリーグ戦に参戦。

今シーズンはover40部門でエントリー。

コロナ禍にあり、延期などの影響もあり先日今シーズンの開幕を迎えました。

 

色々あって(と、いうか自分の気持ちの問題ですね)、昨シーズンは出場時間0分。

 

over40クラスははじめてということもあり、かなり緊張しました。

8月の終わり、夕方になれば昼間のギラギラ感はおさまり、何とかサッカーをできる陽気にはなります。それでもハードはハードですが。

 

over40クラスは30分ハーフ。出番は後半頭からでした。

 

ポジションは4-2-3-1の左ウィング。まあ、初心者を入れるなら無難なポジション。

 

とにかく意識をしたのは、落ち着いてボールを処理をすること。

バタバタ動き過ぎないこと。ですね。

 

over40とはいえ、好きでサッカーをしている人たちが集まっているわけで、相手チームは隙あればスライディングもしてくるし、なかなかガツガツしています。

 

ボールに触れる機会は4~5回ほどはあったかな。

ロストすることなく、何とか無難に前線に送ることはできました。

 

久しぶりの公式戦出場にしては、まあ、無難にできたと思います。

実戦に慣れていくことが大事かなと感じました。

 

都内は緊急事態宣言が続いており、いつも通うフットサル場でのイベントはすべて中止。

ちょっとプレー機会は限られています。

 

チームの人が試合の様子をビデオに収めて共有してくれました。

映像としてみると、自分のプレーがよくわかります。

やっぱり動きは固いし初心者丸出しですね。

そして動きが重い。

やっぱり体をしっかり絞らないとだめだなと感じました。

FC東京観戦記2021-19 VSガンバ大阪

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

中断明けから2試合勝ち星はなし。

ましてや札幌戦は逆転負け。

そして、ホームに帰れず過酷なアウェーの連戦中。

 

この日の対戦相手はやっぱり苦しんでいるG大阪

今シーズンは思うように得点や勝ち星を積み上げきれず苦しんでいます。

 

試合の方は0-0のドロー。

勝ち点を1ずつ分け合う形に。

 

この試合正直見せ場や盛り上がるポイントはほとんどなかったような気がします。

チャンスらしいチャンスもなかったし。

 

FC東京は優勝はさすがに苦しいですが、3位までに与えられるACL出場権にはまだ届く位置にいます。

やっぱり強いチーム・常勝チームといわれるには、勝つべき試合・勝てる試合を確実に拾っていくことが重要だと思います。

更に、勝ち点同点だと得失点差で決まりますから、得点も奪えるだけ奪わなくてはいけません。

 

何とか現状を打破してほしいのですが、、、。

 

そしてそうこうするうちに、本日はベガルタ仙台と試合。

結果は2-1で勝利です。

 

何とか上昇気流に乗りたいのですが、、、。

FC東京観戦記2020-18 VSサガン鳥栖

こんにちは、ゴードン三郎です。

 

オリンピックが終わり、ついにJリーグが再開。

 

再開初戦の相手は、今シーズンなかなかの強さを発揮しているサガン鳥栖

この試合終了後には、海外移籍を表明した、オリンピック代表の林選手の壮行会も実施されました。

 

結果は0-1で敗戦。

 

見事に林選手の壮行会に華を添える格好になってしまいました。

 

うん、サガン鳥栖は強かったですよ。

 

FC東京にチャンスらしいチャンスはなかったように見えました。

鳥栖にボールを持たれると鋭く攻められ、苦しみましたね―。

今シーズンは鳥栖にダブルで負けですよ。

 

上位進出を狙おうとすると今シーズンはコロッと負けてしまいますね。

好不調の波が激しすぎますね・・・。

助っ人頼みの攻撃には限度があるという事でしょうか、、、。

 

次戦の相手は敵地での札幌戦。

まあ、当然のことながら簡単ではありません。

というか今の東京に簡単に勝てる相手はいませんよ。

 

少しでも勝ち点を積み上げて上位に食い込みたいですね。